アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「小川洋子」のブログ記事

みんなの「小川洋子」ブログ

タイトル 日 時
ミーナの行進(小川洋子著、中央公論新社)
ミーナの行進(小川洋子著、中央公論新社) 岡山の小学6年生朋子は母親と二人暮らしですが、母親が東京に勉強に行くことになり、兵庫県は芦屋の叔母のもとに引き取られ、芦屋の中学校に入学することになります。叔父は清涼飲料水の会社を経営しており、家は豪邸です。どのくらい豪邸かというと、なんとコビトカバがいて池で泳げるぐらいです。その家にはミーナという小学生の女の子がいます。ミーナは喘息持ちで病弱ですが、大変な読書家でなぜかマッチ箱を集めることが趣味です。二人の交友、淡い恋も交えながら静かにストーリーは進んでいきます。時代は70年代、そしてミュンヘ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 09:11
ブラフマンの埋葬(小川洋子著、講談社)
ブラフマンの埋葬(小川洋子著、講談社) 「夏のはじめのある日、ブラフマンが僕の元にやってきた。」で物語は始まります。ブラフマンは小動物です。「かわうそ」のようでもありますが、架空の動物のようです。僕は「創作者の家」の管理人で、ブラフマンとの生活が淡々とはじまります。主な登場人物は墓に碑文を彫る彫刻師、そして少女。特にこれといった話があるのではないけれど、小説の世界に知らず知らずのうちに入り込んでいました。それにしても小川さんの小説のこの「静寂さ」は何でしょうか。「博士の愛した数式」でも静寂を感じましたが、この小説も心静まる小説です。2... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/05/17 23:39

トップへ | みんなの「小川洋子」ブログ

本のダイアリー 小川洋子のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる