アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「角田光代」のブログ記事

みんなの「角田光代」ブログ

タイトル 日 時
対岸の彼女(角田光代著、文春文庫)
対岸の彼女(角田光代著、文春文庫) 角田さんの直木賞受賞作品です。角田さんの作品を読んだのは「空中庭園」に続いて2作目ですが、その本の解説に「対岸の彼女」のほうが明るい作品であると書いてありましたので、文庫本になったのを機に読んでみました。主人公は零細旅行会社の女社長葵と主婦小夜子の二人ですが、現在と葵の高校時代が交互に行きつ戻りつ話は展開し、高校時代の葵の親友ナナコももう一人の主人公と言ってもよいでしょう。「空中庭園」を読んだ時にも感じたのですが、この作品も読むとなぜか不安になるのです。小夜子が泣き叫ぶ子供を保育園に預けて働きに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/11 23:09
空中庭園(角田光代著、文春文庫)
空中庭園(角田光代著、文春文庫) 空中庭園といえば古代バビロンにあったという世界七大不思議のひとつということで題名に惹かれて読んでみました。京橋家は夫婦、子供二人で団地に住んでいるが、妻の方針で家庭では「何事も包み隠さず」ということでやっています。しかし、実際はみな秘密を持って生活しています。6つの短編からなる連作集ですが、それぞれの短編が異なった人物の視点から書かれているところはおもしろい。最初の「ラブリー・フォーム」は娘のマナ、「空中庭園」は妻の絵里子という具合です。そして、各短編ともになぜか非常に重く暗いのです。この小説の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/22 16:08

トップへ | みんなの「角田光代」ブログ

本のダイアリー 角田光代のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる