アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「大江健三郎」のブログ記事

みんなの「大江健三郎」ブログ

タイトル 日 時
「揩スしアナベル・リイ総毛立ちつ身まかりつ」 大江健三郎著(新潮社)
「揩スしアナベル・リイ総毛立ちつ身まかりつ」 大江健三郎著(新潮社) 大江健三郎氏の2007年11月に刊行された最新小説です。まず本の題名からして度肝を抜かれます。アナベル・リイとは、エドガー・アラン・ポーの詩のなかに出てくる永遠の美少女とのことです。この作品では、「ミヒャエル・コールハースの運命」という本を四国の山の中の大江ファンにはおなじみの「メイスケさん」伝承に置き換えたシナリオを大江氏の分身であるコギーが書き、サクラさんという国際的女優を主人公とした映画を作ろう、という話が語られます。そしてサクラさんが過去に撮影された「アナベル・リイ映画」で受けた精神的苦... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/20 11:42
M/Tと森のフシギの物語(大江健三郎著、講談社文庫)
M/Tと森のフシギの物語(大江健三郎著、講談社文庫) この何とも不思議な題名の本が岩波書店から単行本として出版されていたことは知っていましたが、入手しにくく読んだことはありませんでした。今年初めに講談社文庫として出版されましたので読んでみました。読者はまずM/Tとは一体何だろうと思うわけですが、大江さんも序章で説明しています。「Mを英語のmatriarch(母系制)の略語として、僕は使っています」とのこと、作中ではオシコメという大醜女です。Tとは男性でやはり作中では亀井銘助とのことです。M/Tで女性と男性を象徴しているようです。ただし、このMとTは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/05 18:57
さようなら、私の本よ!(大江健三郎著、講談社)
さようなら、私の本よ!(大江健三郎著、講談社) 本著は昨年9月刊行、大江氏の最新作ですが遅ればせながら読んでみました。「取り替え子」、「憂い顔の童子」に続く3部作の3作目となっていますので、前2作を読んでいないとストーリーがわかりません。大江氏自身とみられる主人公、長江古義人は前作で機動隊に扮した者たちの暴行を受け入院しているところからストーリーが始まります。椿繁なる古義人とは松山時代からの知り合いで建築家が、米国から日本に帰ってきて北軽井沢の別荘で隣同士で暮らし始めます。繁は若者を連れてきて、東京で高層ビルを爆破するテロを起こすことを計画、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/04 10:29

トップへ | みんなの「大江健三郎」ブログ

本のダイアリー 大江健三郎のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる