本のダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 蒼龍(山本一力著、文春文庫)

<<   作成日時 : 2007/09/17 16:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5つの短編からなる作品集です。腕のいい大工職人から、引き抜かれ大店の手代になる「のぼりうなぎ」は、長編「大川わたり」の原型でしょうか。灘の下り酒問屋、稲取屋の親子の葛藤を描く「節分かれ」、武家の厳しいしきたりに反発する町人出身の妻と夫のやりとりを書いた「菜の花かんざし」、大名行列を巡る藩の争いを描いた「長い串」そして表題作「蒼龍」はオール読物新人賞に輝き作者が作家の道を歩むことになった一作とのことです。どの作品も非常におもしろく、完成度も高い作品かと思います。山本氏は最近はしばしばテレビにも出ますが、しゃべり口が落ち着いていて非常にいいように思います。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蒼龍(山本一力著、文春文庫) 本のダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる